読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レノメイジのガイドてきなもの

 

はい、みなさんこんばっぱー! エクセリアです。

 

今回は、レノメイジでレジェヒットしたのでレノメイジの簡易的なガイドを書いていきたいと思います。

ガイド記事を書くのは初めてなので慣れないところもあると思いますが1度やってみたかったことなので、自分がレノメイジについて思うことを書き連ねていきます。

 

 f:id:excelia7:20161217014748j:image

まず、現在自分が使用しているレシピを載せます。

 

 

 

今回の新拡張によってカザカスのようなハイランダーデッキ用の強力な新カードが登場して、環境初めに海外でレノメイジがレジェンド達成したことをきっかけにラダー等でたまに見ますがそれでも実際に手に取ってみたりといった方はそんなに多くないかもしれません。

レノメイジの他のレノデッキ、特にメジャーなレノロックとの違いについて、

アイスブロックによるOTK耐性

顔に撃てるスペルが強力

ミニオンはやや少なめ

が挙げられます。

これらの特徴から、レノロックとはまた違ったゲーム展開をします。

 

というわけで、敵のデッキタイプ別に説明していきます。

 

vsアグロデッキ

仮想相手は海賊ウォリやアグロシャーマンですね。

 

相手の盤面の火力をできるだけ下げてレノを出すことを第一に考える。

 

これは他のハイランダーデッキと同じかと思います。

アイスブロックの存在により、他のハイランダーデッキよりもレノの出すタイミングを安全に遅らせることができます。

相手の盤面をできるだけ綺麗にしてブロックが割られたタイミングでレノを出し、相手が追いつけないようにすれば問題ないです。

うまくレノやアイスブロックが引けなかったら諦めましょう。

 

マリガンはマストキープはレノカザカスもキープしていいかと思います。

アイスブロックは1マナと2マナのカードが引けていたり、レノがあるならキープしてもいいですが、基本的にはキープしなくても大丈夫です。なぜかというと、アイスブロックをプレイするよりも除去カードを引き入れて相手の盤面の火力を下げることの方が延命に繋がるからです。

無理なく自然に貼るアイスブロックは強いですが、相手がミニオンを並べているのに除去せずアイスブロックを貼るのは早めに割られる可能性を上げ、結局延命できないことが多いです。

他は魔力の炸裂フロストボルト終末預言者調剤師ウーズ辺りがキープ候補です。

 

 

vsミッドレンジデッキ

仮想相手はドラゴンプリースト、ドラゴンウォリアー、ミッドレンジシャーマンといったところですかね。

 

盤面処理に尽力し、アレクストラーザによりライフを詰める。

 

アレクストラーザの採用理由はここにあると言ってもいいです。

盤面処理に火力を回していたら肝心の相手の体力が全然削れていない状態になり、相手に猶予を与えてしまい、また展開されかねません。

こちらは強力な範囲除去や単体除去があるといっても、一枚ずつしかないのでジリ貧になる可能性があります。

そこでアレクストラーザによって一気にライフを削ることで相手に余裕を与えないようにします。

 

マリガンはマストキープはレノカザカス

ウォリアーとシャーマンについてはどちらのタイプも結構見かけて、マリガン段階では見分けがつかないのでvsアグロデッキのときと同じマリガンをします。

プリーストに関しては大多数がドラゴンプリーストだと思うので、終末預言者フロストボルトをキープ。

また、少し好みの問題になるかもしれませんが、動物変身もキープ対象かと思います。

体力を上げるバフにより数値では追いつけなくなった時の回答として、持っていても損はないかと思います。

 

 

vsコントロールデッキ

仮想相手はレノロックです。

 

火力スペルとアレクストラーザの温存

 

レノメイジはメイジのデッキなので、単体で顔に打てる高火力のスペルがいくつかありますが、火力に特化したテンポメイジやフリーズメイジのように、レノジャクソンで回復されてさらに上から削りきるといったプランを取ることは難しいです。

なので、レノの返しとして、アレクストラーザを出します。

 15点はこちらからすると、ファイアーボール+燃え盛る松明+フロストボルトの組み合わせでOTKすることも可能です。

相手の顔に打ちたいために火力スペルは極力温存します。。。と言いたいところですが、レノロックは結構ミニオンの圧が大きいです。

それゆえ、アントニダスとソーリサン皇帝、軽めのスペルを合わせることで火力を補充してメイジらしい火力スペルで焼き切るプランを突き通します。

また、カザカスをソウルキャスターでコピーするといったコンボも強力です。

メイジの範囲除去は4点(+1点)が限界なので相手のカザカスによる復活や体力バフへの回答はカザカスがメインとなるので、カザカスは貴重です。なのでできるだけカザカスをコピーするためにソウルキャスターは使いましょう。

あと、終末預言者をプレイする際はドブネズミに気をつけましょう。

レノロックとのマッチアップで、ウーズや調剤師といったカードは無理にプレイする理由もないので、ドブネズミで他の強力なカードが落ちてしまう危険を避けるためとしてできるだけ手札に置いておきましょう。

 

マリガンはレノアイスブロックフレイムランス動物変身をキープします。

レノ、ブロックは相手のリロイOTKプランへの回答です。

少なくともブロックは持っていないと挑発が少ないため、簡単に決められてしまう可能性があるので持っておきたいです。

フレイムランスと動物変身は4ターン目のトワイライトドレイク、山の巨人への回答となります。

この2枚は軽くてスタッツが高いので、うまく処理できないとゲームが終わってしまう可能性があります。なので回答となり得るこの2枚は持っておきたいです。

 

vsミラクルローグ

 

凍結スペルの重要性

 

ミラクルローグ相手は凍結スペルが非常に重要です。

ローグは基本的に隠蔽による2TKを狙ってきますが隠れているミニオンへの干渉方法がメイジには少なからずあります。

基本的にはフレイムストライクを撃ちます。ローグのミニオンは多くが体力4以下なので綺麗に除去できます。

クエスト中の冒険者やエドウィンが巨大化していた際はまず、フロストノヴァまたはブリザードから入って、隠れみ状態ではなくなったところを火力スペルや動物変身等で処理しましょう。

またローグ相手で気をつけなければならないのは、リロイによるOTKです。

これはアイスブロックによって防ぎ、レノで回復しましょう。リロイ自体は貧弱なので返しで処置できると思います。(隠されてなかったら)

 

マリガンはレノアイスブロックカザカスフロストボルトをキープ。

後攻時は魔力の炸裂もキープ対象になります。

また、ビッグエドウィンやクエストでゲームが終わってしまわないように動物変身のキープもいいかと思います。

 

vs翡翠ドルイド

 

ゲームを早く終わらせる

 

翡翠ドルイドはハッキリ言って、不利です。

翡翠ゴーレムをテンポ良くプレイされてしまうと、後半追いつけなくなって負けてしまいます。

なので、(相手がマナ加速を序盤で行わないように祈りながら)ゲームを長引かせないようにアントニダスとソーリサンのコンボによって早々に相手のライフを削り取るプランを取ります。

このプランをより強固なものにする要素が、カザカスで三体復活と体力バフを引くことです。

ドルイドは(特に翡翠ドルイドに関して言うと)確定除去を持っていないことが多いので、数値の暴力で場に居座ることが出来ます。ミニオンで体力を減らし、ゴーレムは凍結で止めて、ファイアーボールで一気に削りましょう。

 

マリガンはレノカザカスソーリサン皇帝をキープ。アントニダスはソーリサンが引けてたらキープしてもいいです。

あとは相手がぶん回らないことを祈りましょう。

 

 

以上がラダーでよく見かけるデッキへの大まかなプランです。

 

 

 

拙い文章ですが、レノメイジに興味を持って使ってみようといった方たちの助けになってもらえたら幸いです。